-->
現実にノートパソコンの画面の前に座りつねに上下動しているマーケットを見てしまうと、何となく注文をしなくてはいられないという欲求に駆られる方も多いと思います。だけど、漠然とした感覚で売買するのは、絶対に避けてほしい。分かっていると思いますが、相場は四六時中常にどこかの国のマーケットは関いているし、マーケットも、変動しています。しかし、立て続けに売買をしていると、その回数だけ損失が生じる率が高くなります。もちろん、トレードの数を経験することによってだんだんと勝つ確率が五分五分になります。しかしそれは「はっきりしない直感で取引」とは別問題です。注文回数を増やすという意味は自分で「ここはいける」と思いついた勝算を得たケースでの注文回数を増やすという事です。格段の理由がなく、休む間もなくトレードを経験するのとは大きく違います。為替相場の勝負に勝利するためには己で思案してメリハリをつけることこそが不可欠です。「ここは!」と感じたマーケットの時には、いっそポジションを積み増して、儲けを追い求めます。「何となく分かりにくい外国為替市場でどう上げ下げするのか予想できないな」と思った時は、潔く所持ポジションを全部諦めて何もしない。これぐらいのけじめがあったほうが最後には売買は勝てます。外国為替相場の格言には「休むも相場」という言葉があります。実にその通り。取引とは休みなく売買ポジションを保持する事が大事ではなく、どれも持たないでじっと見ていることも時にはFXです。そうであるならば、どういう場面で休むといいのでしょうか。ひとつめは、前述の通り、今の市場が具体的によく見えない時。今後上がるのか下がるのか明確でない時は、ヘタに動くと、思い描いたストーリーとは逆の方向に外国為替相場が変化してしまい損する事になってしまいます。そうした状況ではポジションを閉じ、そのまま何もしないで様子をみるのが良い方法です。次に、健康状態がすぐれない時です。体の状態と外国為替市場に関係ないと感じる投資家もいるでしょうが実際には意外と関係がある。健康状態が悪い時は外国為替相場の重要な局面で、正しい決定をする事が難しくなります。気乗りがしない時は市場から遠ざかる事も大事な事です。

Link

Copyright © 1997 www.blackjackmotorcycles.com All Rights Reserved.