-->
ようやく仕かける時という場合では一番に下準備をおろそかにしてはいけません。売買を始める前物事を理性的に見ることが可能です。しかし、一度取引の内側へ飛び込んでしまうと、どうやっても見え方が主観的になる事が多く往々にして冷静な見方がわからなくなる危険があります。だから自身の客観的な段階で間違いない準備する事が不可欠です。その準備とは、始めに自らのストーリー展開を作る事からスタートします。明日からのマーケットはこうなってああなるから、この通貨を勝負するみたいな自らのシナリオを立てていくのだ。次に大事なのは相場を調べましょう。今までの為替相場の上下を見極めて現在の値段を確かめます。そうすれば、「今日は安い状況にあるな」とか、「もう大勢の投資家の方々が買い(あるいは売り)に動いているから、今から自分かエントリーしてももはや手遅れだな」などと判断できます。もちろんすでに買い(または売り)するのがやりようがないと思ったら、売買しないで、それは潔く諦めることが大切です。どう工夫しても自らのストーリー展開を貫いて、吹っ切らずに売買すると、相場に押し返されてかえって損失を被ることになる危険があります。ただし大体の場合では用意周到に自分なりの台本を作っておくと買い(または売り)がなすすべがないという具合にはならないと思います。おそらく、実際にマーケットが動意する前のはずです。次に、当面は自らが売買しようと思っている通貨ペアの推移をきちんと調べる事が重要です。仮定として円安になるであろうという脚本を作成したのであればその通貨の動きに気をつけておきます。市場の変動をチェックし始めたばかりでは、まだはっきりと変動する素振りを見せず、上下に小さな動きを繰り返しているだけでしょう。ところが、その上げ下げをじっと調べていると、あるポイントで、ドル高の方向へと市場が向い始めます。このチャンスでやっとドルの新規注文を出すのだ。普通は、これだけ緻密に事前の準備を考えておけばそのエントリーで儲ける率は結構高くなります。

Link

Copyright © 1997 www.blackjackmotorcycles.com All Rights Reserved.