-->
FX(外国為替証拠金取引)をやる興味深いところは単一の金融商品ありながら、投資期間を短期スタンス・中期スタンス・長期スタンスの3つの期間からどれを選ぶのかで、投資のやり方がまるっきり異なってくる部分にあると言います。第一に外国の貨幣へ投資の「長い時間をかけるスタンス」について詳しく見てみましょう。長期投資というものは一年以上の長期の出資を基本にしているのです。一般的に為替レートで、一年以上も後々の為替相場が円高であるか、あるいは円安かどうかを考えるなんていうことはたいてい困難なはずです。通常であれば、「そんなにも先の未来のことは予知できない」と考えるのが普通だと思います。考えられないのに頭を悩ませて予言しようと思ったところでそれは無茶苦茶な行為です。そういったことから、外国貨幣を買ったと仮定して、買った時の買いレートよりも円高でも、その差損分は近い将来円安に戻るだろうというポジティブな思いでやり取りに臨むのが良いでしょう。為替の利益をアグレッシブに上げるのではなくその他の儲けつまりはスワップポイントで儲けるというのを最初のねらいとしてやってみましょう。当然のことですが、ちょっとの期間で為替変動のマイナスが大きくなることがあります。そのため、そんな差損があっても大丈夫なよう、レバレッジを少しに抑えるのが重要です。FX(外国為替証拠金取引)は為替差損が決まった金額を超えて拡大してしまうと追い証を出さなければならなくなったり、またはロスカットになったりします。損切りになってしまったら、すぐ売買を終了することになり、長期の投資が厳しくなります。このような危険を避けるには、レバレッジ2?3倍程度でやり取りするのが安心です。次は中期投資の売り買いを見てみましょう。中期スタンスでは最長でも1?2ヶ月くらい先々を想定しての売り買いです。為替売買の時、約1ヶ月くらい先のことは、だいたい予測できると考えられます。G7(先進7カ国蔵相・中央銀行総裁会議)等の世界的な議会の話題、為替市場参加者がどのようなことに注目しているのかを確認してみれば、おおかた先読みできるでしょう。こうした経済の状態をチェックしながらなおチャートを参考にすることで、為替の動向を把握できるようになり取引を決定するといいと思います。基本的に、経済情勢とテクニカルの両方で良い状態であり、もしくは買いが同様であれば、まずジャッジした通りに動いていくと考えて良いです。その際はポジションを増やしておけばさらに大きいリターンを期待できると思います。第三に短期トレードのポイントです。この短期スタンスは、言い換えれば日計り取引のことを意味しています。為替でデイトレをするにあたり、経済の基礎的条件はいっさい関連がないと思います。なぜならば翌日のレートの動向に、ファンダメンタルズは反映されないからです。ここで最大のコツは大きな行事があることでそれにより相場が著しく変動するチャンスを見過ごさないようやり取りすることです。例として、アメリカで雇用者の統計が提示されるないしは金融政策決定会合などによって制作金利が動くくらいの催し。このような絶好の機会に動きを捉えるとの意味から、短期トレードは専門的な知識が必要となる。

Link

Copyright © 1997 www.blackjackmotorcycles.com All Rights Reserved.