-->
外国為替取引市場としてのFXを掘り下げていきましょう。FXでは二つの国の通貨を売買することで両方の通貨の差引額を得られるという手法なのです。この二種類のお金の間で生まれる差益の金額をスワップ金利をいうのです。こういったスワップ金利に関して本当はスワップポイントといっているようです。外国為替証拠金取引(FX)のスワップポイント(スワップ金利)は、一日で受け取る事が出来ますがしかしその日の相場の動きにより変わってくるのだそうです。このFXのスワップ金利(スワップポイント)の獲得をねらって、外国為替証拠金取引の為替の取引をする方々もたくさんいます。スワップ金利は、取引するFX業者それぞれに異なるのでできるだけ差益金額が高いFX業者で取引したいと思いますよね。けれども、スワップポイント(スワップ金利)は為替の相場が変わることで変動してしまうので要注意です。もう一つ、為替トレードを行うにはチャートを読める事が必須となります。この図を読める事で為替の取引の変化をつかむ事が出来るようになると言われています。外国為替取引を初めてやる人が見たならば何を表しているグラフですか?などと難しく感じるかと思いますが要所を知っていることでチャートを読み取る事が出来るのです。どの辺りから円が上がっている又は下降している等この時が最近では円安だとこの図表を読む事で判断が可能になり、為替取引をするためには大変役に立つ情報源となるようです。上記のグラフは日本では一般にローソク足(陰陽足)が使われるのが普通で名前のままローソクの形みたいなグラフで示されています。そのようなローソク足により高値や安値加えて終値か始値などを示していて図上で多種多様な形状になっています。

Link

Copyright © 1997 www.blackjackmotorcycles.com All Rights Reserved.