-->
「スプレッド」とは外為は二国間の通貨を売買して儲けを生み出す投資です。値段は、常に変化しています。それがレートです。テレビを見ていると為替レートの話題が流れる状況があります。「現在のドル円は80円50銭から52銭で取引されています」という感じです。これは80円50銭から80円52銭の間で注文されているという事を示しているのではなくドルの買値が80円52銭、売値が80円50銭ということを示しています。要するに、売り買いには買値と売値の価格が存在する事を示しています。売値のことをBID(ビット)、買値のことをASK(アスク)と示しているFX業者も存在しています。普段は売値のほうが買値よりも安い価格になるものです。私達が買うときには高く、売るときには安くなるはずです。その差分をスプレッドといい、取引会社の利益といわれています。スプレッドの広さはFX業者によって変わります。スプレッドの差は負担になるので、狭い業者をセレクトしたほうが得します。ただし、同じFX取引会社でも場面によってスプレッドは変動します。日常的にはドル円の組合せでわずか1銭のスプレッドの広さだったとしても、マーケットの動きが大きい場面では3銭、4銭になったりするのです。そういう訳で、スプレッド幅が狭いのと同じくらい変わらない事が重要です。今では変化しないスプレッドの幅を示す取引業者も数多くあります。実際に取引業者の注文画面の上で本当の為替レートを見て確認しなければ判断できないのでやっかいですが不可欠な事です。多額の財産を使って注文をするのですから本物の注文の前に、関心がある取引会社の新規口座開設を全部してスプレッド幅を実感しましょう。同じ通貨の組合せそのタイミングの為替のボラティリティによって、外貨のスプレッドの狭さは異なります。いつもは銀行間取引市場で取引量の多くて、流動性の高い米ドル/円やユーロ/円、ユーロ/ドルではスプレッド幅が狭く、それ以外の外貨ではスプレッドの差が拡大するのが一般的です。

Link

Copyright © 1997 www.blackjackmotorcycles.com All Rights Reserved.